茶壺

茶壺(チャフウ)

日本でいう「急須」になります。主な機能は、茶葉を入れてお湯を注いで茶葉の味を十分に抽出します、お茶作りの主役です。

茶壺を作るために一般的に使用される材料は、陶器、磁器、ガラスなどです。 伝統的な粘土の茶壺には、朱泥、段泥、紫砂(紫泥)など、さまざまな種類の粘土があります。茶壷に使用する粘土の違いは、お湯にさまざまないい影響を与えます。磁器の鉢は一般的に香りと甘さが良く、陶器の鉢が好きな人はお茶の香りと喉の韻を強調します。 ガラス製の急須を使用すると、お茶を淹れる際に茶葉の膨張や煎茶の色の変化を観察できます。表面が滑らかなため、茶碗の効果に近くなります。

茶海

茶海(チャカイ)

お茶を作るのにとても便利なお茶セットです。茶海には次のような多くの機能があります。

お茶農家は茶海を持っていることが多く、最初に淹れたてのお茶を茶海に注ぎます。茶杯でお茶を飲み終えていない場合、茶海に一時的にお茶を入れます。急須を使って直接お茶を注ぐ場合、急須でのお茶の時間は同じですが、お茶の濃さや味は異なります。特に鉄観音、紅茶、プーアル茶などの濃い茶葉の場合、お湯の色は最初の茶杯と最後の茶杯の色が大きく違います。お茶海を使用すると濃さが均一になり、まろやかな味と色で楽しめます。

人数が多く、お茶の量が足りない場合は、2回連続で混ぜたり、通常の急須を使って一時的に2倍の量をお客様に出すこともできます。お茶の量がわかりやすい。急須には視界を遮る蓋があり、お茶がないのがわかりにくいとのストレスがありますが

お茶海には蓋がなく、お茶がどれだけ残っているかがわかり、各カップにお茶の汁を正しく分配できます。茶粉をろ過するための容器。茶葉の破れが多い場合は、茶海にフィルター(茶フィルター)を置いて、茶葉の破片をろ過することができます。

実用的な観点からは、茶盤は茶海、茶杯、その他の主要な茶器を輝かすお茶を作るためのステージのようなものです。

茶盤

茶盤(ちゃばん)

茶盤の主な機能は、溢れたお茶が下に落ちる仕組みで、ティーテーブルを清潔に保つことができます。 主な素材は竹、木、石、陶器、金属などです。 良いお茶盤はお茶を作るための良い道具であるだけでなく、雰囲気を楽しめ、機能性も兼ね備えています。

実用的な観点からは、茶盤は茶海、茶杯、その他の主要な茶器を輝かすお茶を作るためのステージのようなものです。

聞香杯(もんこうはい)

台湾で生まれた香りのよさを味わうためにデザインされた茶杯。1970年代から1980年代にかけて、台湾のお茶が徐々に山に発展し、台湾の烏龍茶の独特の風味と味をより簡単に体験できるようにするためにつくられました。人々はお湯の香り、茶碗の味わいをお茶の味わいに分けたダブル茶杯テイスティング方式 で楽しみます。

円筒形のデザインは、お茶の香りを特別に集めることができます。 香りのよい聞香杯は、一般的に最初に淹れたお茶に使用されます。 お茶を聞香杯に注いだ後、10〜15秒ごとに香りを味わうことができます。常に空気と接触するため、聞香杯の香りが変化します。

においがする聞香杯の香りは、通常1〜1分半で消えますが、消える前に香りがはっきりして少し甘みが出ることがあります。 良い茶葉は、香りのよい聞香杯の香りを長持ちさせることができます。聞香杯が冷たくても、かすかな香りが残ります。

茶杯

茶杯(ちゃはい)

飲用カップやティーカップとも呼ばれ、お茶を飲むための道具です。 茶壺やお茶海から、淹れたてのお茶の湯を茶杯に注ぎ、自分やお客様にお茶を味わってもらえます。

 

茶杯にはさまざまな種類があり、素材も異なりますが、最も一般的なのは磁器、陶器、ガラスです。 一般的に、より手の込んだお茶杯は主に磁器や陶器で作られています。

 

磁器の茶杯は現在最も一般的に使用されている茶碗の材料です。 磁器は熱伝導が速いため加熱しやすく、包種茶や高山茶などの軽く発酵させたお茶に適しています。東方美人茶や黒茶などの他のお茶も使用できます。

陶器の茶杯は磁器よりも熱の伝導が遅く、触ってもなかなか熱くなりません。鉄観音など、喉の韻を強調するお茶に適しています。

茶碗

蓋碗(がいわん)

蓋碗は利用範囲の広いふたつきのお茶碗です。茶壷と同じ淹れ物ですが、茶杯として直接お茶をすすり飲むことも、蓋の裏に残るお茶の香りを楽しむこともができます。個人用でも多人数でも使えます。家や会社、さらに旅の中でも、一つの蓋碗があればお美味しいお茶が楽しめて便利です。

おいしいお茶の入れ方